車買取の部品取りなら事故車・故障車・廃車のパーツでも査定額が付く!

▼あなたの車を無料で査定するには下の画像をクリック▼

車は、様々な部品やパーツが組み合わさって作られています。

そのため、事故車・故障車・廃車で自動車として走行できないほど劣化していても、「部品取り」という形で買取査定してくれるのです。

場合によっては、ボロボロの車でも部品取りで高額買取になる可能性があります!

しかし同時に、部品取りはやり方を間違えると法律に触れる恐れがあるのです。

そこで今回は、車買取の部品取りについて解説。「部品取りとは何なのか?」「違法になる部品取りとは?」「部品取りで高額買取を狙うには?」という点についてお話しますね。

車買取における部品取りとは?

部品取りとは、車から使用できる部品やパーツを取り出して再利用する作業です。

車の交換用の部品は非常に高価で、故障するたびに純正部品に交換すると意外に費用がかさみます。

そこで部品取りという作業をして、高価な部品をリビルド品(再生品)という形で販売。再利用するというわけです。

人気がある車になると、長年愛用する方が大勢います。しかし、どうしても部品は壊れるものです。

そんな時、部品取りで安く販売されているパーツが買えるなら有難いですよね。

また、車の買取を希望する方からしてみても、車全体の価値ではなく部品ごとに価値を見出してくれるなら、事故車・故障車・廃車でも査定額が付くから魅力的!

需要と供給のバランスが取れているからこそ、車買取では部品取りという方法も活発に行われています。

部品取りは個人でやると違法

部品取りなら、事故車・故障車・廃車でも買取で高額査定になる可能性があります。

しかし、部品取りは個人が勝手に行うと違法になるのです。

これは「自動車リサイクル法」によって定められているもので、一般の個人が車を解体して、走行に必要な部品を取り外してはならないとされています。

実際、環境省のホームページには、部品取りに「解体業」の許可が必要であると記載されています。

Q11. 部品取りには「解体業」の許可が必要ですか?

A.使用済自動車から再利用部品などの取り外しを行うためには、個人で行う場合においても都道府県知事等から解体業の許可を受けることが必要となります。

(罰則)自動車リサイクル法上は1年以下の懲役又は50万円以下の罰金、廃棄物処理法の許可を受けていない場合は、廃棄物処理法の無許可営業として5年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金となります。

出典:環境省「よくある質問|知っておきたい自動車リサイクル法」

万が一許可がないのに解体してしまうと、「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」を課される恐れがあります。

車の部品取りは、必ず買取業者などで行ってもらってください。

個人でも付属部品の取り外しは可能

個人による部品取りが禁止されているのは、あくまで走行に影響があるパーツだけ。

そのため、走行に影響がない部品であれば個人であっても取り外しが可能です。

具体的に以下の部品・パーツは個人が取り外しても問題ありません。

  • カーナビ
  • オーディオ
  • ドライブレコーダー

また、ホイールやサスペンションなどを社外非品と交換していた場合、最初に付属していた純正品に戻して走行できる状態にできるなら、取り外しても問題ありません。

とはいえ、車は非常に多くの部品で構成されているため、「どれなら取り外しても問題なのか?」という判断は難しいのが実情です。

万が一取り外してはならない部品だと、法律で罰せられる可能性があるので注意してください。

部品・パーツの買取相場

ここでは、部品・パーツの買取相場をご紹介します。

部品・パーツ買取相場
ヘッドライト数千円~2万円
フォグランプ5,000円~1万円
バンパー1,000円~2,000円
グリル数千円
タイヤ4,000円〜1万5,000円
ホイール5,000円~1万円
ステアリング5,000円~1万円
シート5万円~10万円
カーナビ1万7,000円~3万円
スピードメーター1,000円~2,000円
ドライブレコーダー数千円~1万円

以上が、部品・パーツの買取相場です。

あくまでも相場なので、実際の買取では価格が前後します。また、人気のパーツであれば高額買取にあるケースもあるでしょう。

車買取の部品取りで高額査定を狙う方法

部品取りは、プロの業者に任せた方が良いとして、どうせ買取してもらうなら少しでも高額査定になった方がイイですよね!

そこで最後は、車買取の部品取りで高額査定を狙う方法について解説します。

廃車買取業者に査定依頼を出す

1つ目に紹介する部品取りの高額査定の狙い方は、廃車買取業者に査定依頼を出す方法です。

廃車買取業者とは、その名の通り廃車や不動車・事故車などを中心に買取査定している業者。

自動車を解体して、部品取りしたり鉄くずを取ったりしています。それを販売することで利益を得ているのです。

また部品取りに関してもプロなので、他の買取業者よりも部品の価値には詳しく、高額買取になりやすくなっています。

海外の販売ルートを持つ買取業者に依頼を出す

2つ目に紹介する部品取りの高額査定の狙い方は、海外の販売ルートを持つ買取業者に依頼を出す方法です。

日本では見た目が綺麗な車でなければ再び販売はできません。また、走行距離も10万キロを超えると、異常がなくても車検費用が高いなどの理由から買い替えを検討するでしょう。

しかし、日本では走行不可と思われる車でも、海外なら十分に走行可能と判断されます。

よく、ボロボロの日本車が海外の道を走っている映像や写真を目にしますよね?

こちらの写真を掲載している「daiki55.com」様によると、「ソマリランドで走っている車の99%は日本車と言っても過言ではない」としています(*)。

このように日本車は海外で大人気!

当然、部品取りに関しても、日本では使わないパーツを海外で売却するケースはよくあります。

そして、買取業者の中には海外への販売ルートを持つところがあるので、そのような買取業者の方が高額買取になる可能性があるのです。

複数の買取業者に査定依頼を出して比較する

3つ目に紹介する部品取りの高額査定の狙い方は、複数の買取業者に査定依頼を出して比較する方法です。

車の買取業者と言っても、その特徴は様々。

  • 取り扱いが得意な車種の違い
  • 販売ルートの違い
  • 修理・整備環境の違い

例えば、軽自動車の取り扱いを得意とする業者もいれば、輸入車の取り扱いを得意とする業者もいます。

また、販売はカーオークションを利用するところや、自社店舗で販売するところ、海外へ輸出するところなど様々です。

修理や整備も、外部に委託しているところが自社工場で行うところがあるので、これらの違いによって買取価格は大きく変わります。

中には、買取価格が一番安い業者と一番高い業者の差が60万円以上開くケースもあるのです。

しかも、あなたの愛車はA社が最も高かったけど、友人の愛車はB社が最も高いというケースもあるでしょう。

つまり、どの業者が一番高いかは比較するまで分からないというわけです。

口コミで、「○○業者が一番高かった」とあっても、あなたの愛車が同じとは限らないため、高額買取を狙うには必ず比較が必要になってきます。

車はズバット一括車買取比較で売ろう!

前の項目で、車の買取は必ず複数の業者で比較した方が良いとお伝えしました。

しかし、自分で複数の業者に査定依頼を出すのって大変ですよね。

そこでおすすめなのが、車の一括買取査定サイト!

その名の通り、一度の情報入力だけで複数の買取業者に依頼を出してくれます。

中でも「ズバット車買取比較」なら、どんな車でも買取査定の対象です。

?:不動車でも一括査定依頼サービスを利用できますか?

A:査定金額が低くなるほか、対応する車買取業者が限定されるケースが多いのですが、不動車も一括査定依頼サービスは利用可能です。

引用元:ズバット車買取比較「よくあるご質問」

もし、あなたの愛車が部品取りでなければ買取してもらえないような、事故車・故障車・不動車であっても査定に対応してくれます。

また、ズバット車買取比較の特徴は以下の通り。

✔ 下取りよりも平均16万円の買取査定額アップ
✔ 200社以上の買取店の中から厳選した10社で査定
✔ たった32秒で複数の買取業者を比較できる

あなたが愛車を少しでも高く買取してもらいたいなら、ぜひズバット車買取比較を利用してみてください!

▼あなたの車を無料で査定するには下の画像をクリック▼

車の平均買取が16万円UP!60万円以上の高額売却の可能性も!!

車の下取りよりも平均16万円の査定アップが狙える方法を徹底解説します!中には1番安い業者と高い業者で60万円以上も買取価格に差が出る場合もあります!

おすすめの記事