車の買取査定が安すぎる……その業者で売却する前に一括査定を使おう!

▼あなたの車を無料で査定するには下の画像をクリック▼

「車の買取査定に出したけど査定額が安すぎる……」
「査定額が安すぎる買取業者で売却してイイの!?」

高額になると思って買取査定に出した車が、安すぎる価格だったら売却をためらいますよね。

けど、ためらいながらも「安すぎるという理由で断るのは気が引ける」「本当にもっと高く買取してくれる業者はあるのか?」など色々と考えてしまうでしょう。

しかし、査定額が安すぎると思うなら売却してはいけません!

なぜなら、車の買取は業者によって査定額が大幅に変わるから。中には10万円・50万円・100万円も査定額に差が出るケースもあるのです。

そこで今回は、車の買取査定額が安すぎる場合に考えられる理由と、少しでも高額査定を狙う方法について解説します。

また、あなたが「この方法でこの査定額なら安すぎではないな」と思える、誰もが納得の買取査定方法についてもお話するので参考にしてみてください!

車の買取査定で安すぎると感じたら一旦売却を止めよう!

もし、あなたが車の買取査定に出した結果「安すぎて納得できない」と思ったのなら、その買取業者での売却は一旦止めてください。

なぜなら、車の買取業者は全国にたくさんあり、各業者によって査定額が大幅に変わるからです。

例えば、あなたの愛車はA社が一番の高額査定だったとしても、友人の愛車はB社の方が査定額が高いというケースが出てきます。

ちなみに、業者によって査定額が変わるのは以下の理由が挙げられます。

  • 取り扱い車種の得意・不得意
  • 自社工場の有無
  • 販売ルートの違い
  • 査定士の裁量(重要視する箇所の違い)

これらの違いから、同じ車であっても買取業者によって査定額が変わるわけです。

もし、あなたが1つの買取業者に依頼しただけで「査定額が安すぎる……」と感じているなら、そこで売却するのは一旦止めた方が良いでしょう。

車の買取査定が安すぎる理由

続いては、車の買取査定が安すぎる理由について解説します。

この項目を読めば何が査定額を下げているのか分かるので、原因を取り除いて高額査定が狙えるようになるかもしれません。

査定が安すぎる原因1.車が汚れたままだった

1つ目の査定額が安すぎる原因は、車が汚れたままだったという理由です。

いくら中古車と言っても、販売する際は綺麗な見た目にしないと売れません。そのため、買取業者は引き取った車を清掃するのです。

その際、車が綺麗な状態なら清掃費用が安くて済みます。

しかし、汚れが酷いと高い清掃費用をかけて綺麗にするため、その費用分を査定額から減額します。

しかも、自分で掃除すれは対して費用がかからない汚れでも、業者が掃除すると費用が高くなるので、思っている金額以上に減額されて「査定額が安すぎる……」となるわけです。

解決策

車が汚れていて査定額が安すぎるだけなら、車を清掃してから査定に出せばOK!

また、業者に依頼して綺麗にしてもらうのが確実に綺麗になりますが、費用が数千円~数万円と高額になるので、汚れが酷くないならおすすめはしません。

軽度の汚れであれば、自分で掃除して綺麗にするだけで良いでしょう。

査定が安すぎる原因2.車が売れない時期だった

2つ目の査定額が安すぎる原因は、車が売れない時期だったという理由です。

実は、車には売れる時期と売れない時期があります。

当然、売れる時期に売却した方が買取業者も早く利益が上げられる上に、売却額も高くなるので高額で買取してくれます。

反対に、買取査定してもらったタイミングが車の売れない時期なら、なかなか車が売れないので安すぎる価格で買い取るしかなくなるのです。

解決策

車が売れない時期を避けて、高く売れる時期に売却するだけで、安すぎるという原因を取り除けます。

車が高く売れる時期は以下の通り!

  • 1月末~3月中旬
  • 7月末~9月中旬

このタイミングで買取査定に出せば、多少は「査定額が安すぎる……」という悩みは解消できるでしょう。

場合によっては、時期を変えるだけで査定額が20万円以上も違うケースもあります。

ちなみに、車が高く売れない時期については以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

査定が安すぎる原因3.人気がない車種やカラーだった

3つ目の査定額が安すぎる原因は、人気がない車種やカラーだったという理由です。

車種やカラーなどには人気があるものと人気がないものがあります。

そのため、あなたが買取査定に出した車種やカラーが不人気なものだと、「査定額が安すぎる」と思うかもしれません。

ちなみに、人気がある車種は時代によって変わるため一概には言えませんが、いつの時代でもカラーは以下が人気です。

  • ホワイト
  • ブラック
  • シルバー
  • ネイビー

車種によってはレッドなども人気があります。

しかし、いくら人気の車種やカラーが分かっても、いま保有している車の査定では意味がありませんよね。

けど大丈夫です!
人気がない車種やカラーでも査定額を高くする方法があります。

解決策

車種やカラーが不人気な場合、その車を人気があるものに変えるのは不可能。

そこで解決策としては、色々な買取業者で査定してもらうこと!

なぜなら車の買取業者は、それぞれ取り扱いが得意な車種と不得意な車種があるからです。

例えば、あなたの車が軽自動車なら、軽自動車の取り扱いが得意な業者に買取してもらう方が、査定額は高くなります。

他にも、四輪駆動の販売に強みがある業者や輸入車の販売に強みがある業者など様々。

あなたの愛車が仮に不人気な車種やカラーだったとしても、その車の取り扱いが少しでも得意な業者を選ぶだけで、査定額が安すぎるという失敗は軽減できます。

査定が安すぎる原因4.車に事故歴・修復歴があった

4つ目の査定額が安すぎる原因は、車に事故歴・修復歴があったという理由です。

あなたの愛車が新車で購入したなら、事故歴や修復歴があるかどうかは把握しているでしょう。

しかし中古車を購入した場合は、あなたの知らない事故歴や修復歴がある可能性があります。

もちろん、ちゃんとした中古車販売店なら事故歴・修復歴は掲載されているので、過度に心配する必要はありません。

ただ、あなたが「知っている or 知らない」に関わらず、買取査定では思ったより価格が安くなります。

中には、査定額が0円となるケースもあるでしょう。

解決策

事故歴・修復歴がある車は、どうしても査定額が安くなりがち。

それでも査定額を高くしたいなら、海外への輸出ルートを持つ買取業者に査定依頼を出しましょう。

なぜなら、日本では走行不可と判断されるようなボロボロの車でも、海外なら走行可能と判断されるからです。

そのため、事故歴・修復歴があっても比較的高い査定額を付けてくれる可能性があります。

ちなみに、日本では廃車の目安となる走行距離10万キロ越えの車でも海外なら重宝されます。その事実は、以下の記事で詳しく解説しています!

車買取は複数業者で比較すれば安すぎることはない!

車の買取で「査定額が安すぎる……」と感じたのなら、複数業者で比較するのが最も簡単な解決策!

たくさんの業者で比較すれば買取相場が分かるので、「〇〇万円が妥当なんだな」と納得できるはずです。

では、どのようにして複数業者を比較するのか?

その方法は、一括査定サイトを利用すればOKです!

一括査定サイトとは、その名の通り一度の情報入力で複数の業者に査定依頼が出せるサービスになります。

中でも、「ズバット車買取比較」という一括査定サイトを利用すれば、以下のようなメリットが得られます。

 下取りよりも平均16万円の買取査定額アップ
 200社以上の買取店の中から厳選した10社で査定
 たった32秒で複数の買取業者を比較できる

時には、一番高い業者と安い業者で50万円以上も差が出るケースがあるのです。

実は、私自身もズバット車買取比較を利用した結果、22万円も査定額がアップしました。

愛車はスバルの「WRX STI」で、かなり状態も良かったので査定額は192万円!

決して安すぎるという価格ではありませんでした。

もし、あなたが車の買取査定で安すぎると感じたのなら、ぜひズバット車買取比較を利用してみてください。

ちなみに、私の一括査定サイト体験談とズバット車買取比較のメリット・デメリットなどについて以下の記事で解説しています。

ぜひ、本記事と併せて読んでみてくださいね!

▼あなたの車を無料で査定するには下の画像をクリック▼

車の平均買取が16万円UP!60万円以上の高額売却の可能性も!!

車の下取りよりも平均16万円の査定アップが狙える方法を徹底解説します!中には1番安い業者と高い業者で60万円以上も買取価格に差が出る場合もあります!

おすすめの記事